HOME > フォトアルバム

卒園式

19人の年長児にとって保育園最後となる卒園式がおこなわれました。保育年数はそれぞれ違いますが、これまでの保育園生活で体験してきたことを胸に、小学校でも元気いっぱい過ごしてもらいたいです。諸般の事情により縮小した形でおこなわれましたが、晴れの門出をお祝いする気持ちに変わりはありません。そして、子どもたちもそれにこたえて立派な姿を見せてくれました。

お別れ会

いよいよ卒園間近となった年長さんにありがとうの気持ちを込めてお別れ会をしました。年中児から年長児へフォトフレーム、年長児から在園児と職員全員にメモスタンドがプレゼントされました。また、年長児の小さい頃の写真で「これはだれでしょうクイズ」をしたり、4月から行く小学校のお話を聞きました。最後に一人ひとりから「げんきでいてね」とか「弟をよろしくおねがいします」、「あそんでくれてありがとう」などのメッセージをいただきました。給食はチョコと豆乳クリーム2種類のパンと、かわいい絵柄のついたお皿にみんなの大好きな唐揚げ、スパゲティ、いちごなどが盛り付けられました。

じゃがいもの種いも植え

いつもお世話になっている空土ファーム松原さんの畑で、年中児がじゃがいもの種いも植えを体験しました。最初に、松原さんが作っているいろいろなじゃがいもの種類や、どのようにじゃがいもの芽が出てくるのか教えてもらいました。目印のついたひもを張って等間隔にじゃがいもを置き、その間に肥料をまいて最後に土をかけました。自分たちで植えたものがどんなふうに生長していくのか、またみんなでじゃがいもほりにくるのがとても楽しみです。

3月 お誕生会

今月お誕生日の子をお祝いして、マジックシアターを見たりクイズをしたりして楽しみました。給食はうさぎ組のリクエストフルーツを取り入れた、カレーピラフ・わかめスープ・ミックスフライ・春雨サラダ・いちご・みかん・やさいジュースでした。うさぎ組がランチルームで給食をいただきました。

ひなまつり会

ひなまつりに関するクイズをしたり、由来についてのパネルシアターを見たりしました。給食は手巻き寿司でした。新型コロナウィルスやインフルエンザ予防のため、一人ひとりアルコール消毒してから、個別に分けられた鮭フレーク、ツナマヨ、チーズ、きゅうりを自分で巻いて食べました。

年長児 真岡消防署見学

普段は見ることのできない救急車の中の様子や、消防車のいろいろな設備を説明していただきました。また、はしご車に乗って約10mの高さまで上げていただきました。最後には、いろいろな制服の中から自分が好きなものを選んで救助隊のお兄さんと記念撮影をおこないました。

クラシックコンサート

昨年に引き続き、クラリネットアンサンブル「I can B♭」(イカンベ)の方々が来てくださいました。かわいらしい衣装を着てすばらしい演奏を聴かせてくれました。子どもたちも一緒になって歌ったり踊ったり、楽しいひとときを過ごすことができました。お忙しいところどうもありがとうございました。

2月 お誕生会

ぱんだ組のみんながハンドベルの演奏を聴かせてくれたり、「はるよこい」を歌ったりして誕生児をお祝いしました。給食はみんな大好きなエビピラフとフライドポテト、午後のおやつはきりん組さんがマフィンピザを作ってくれました。全園児分を作るのは大変だったけど、とってもおいしく出来上がりました。

農家さんと会食②

先日のぞう組に続き、空土ファームの松原さんがきりん組に来てくれました。いつも保育園に届けてくれるオレンジ色と黄色の2種類のにんじんを持ってきて、その違いをわかりやすく教えてくれました。また、ほうれんそうはどうして冬がおいしいのか?旬についてもお話してくれました。そして、今日の給食は、そのにんじんやほうれんそうが入ったシチューです。「ほうれんそうがおいしいのは冬!」という合言葉を思い出しながら、彩り豊かなシチューをおいしくいただきました。来週はいよいよぱんだ組です。

お店やさんごっこ

年長児の子どもたちが作ってくれたいろいろな品物が店頭に並び、「いらっしゃいませ!」の元気なかけ声とともに開店しました。お面、ブレスレット、指輪、双眼鏡、ドレス、時計、マフィン、車、ロボット等々。みんな真剣なまなざしで品定めをし、お買いもの袋いっぱいに買って大喜びでした。年長児が小さい子に、お金の払い方や品物の使い方を教えてあげるなど、異年齢児との交流の場にもなりました。年長児さん、いろいろな準備から当日までよくがんばってくれました。みんなのおかげで楽しいお買いものができました。ありがとう!

ボールあそび

今年度最後のボールあそびです。小林コーチ指導の下、トヨタ自動車の方々にもお手伝いいただきながら、ボールを使ったいろいろなあそびや3チームに分かれてのゲームをしました。回を重ねるごとに子どもたちもボールに慣れて、みんな楽しく取り組むことができました。小林コーチどうもありがとうございました。

親子思い出遠足

きりん組親子で「益子焼窯元つかもと」へ行き、手びねりで卒園記念の作品を作りました。お皿やお茶わん、コップなどそれぞれに好きな形にして、模様をつけたりポケモンやドラえもんの絵を描いたりしました。子どもよりお父さんお母さんの方が熱が入り、手の込んだ作品を仕上げる人もいました。それぞれの親子の思いがつまった世界に一つだけの逸品、焼き上がって届くのが今から楽しみです。

お買いもの体験

食育体験活動の一環として、年長児がこがねやさんへ行って給食やおやつに使うみかんとオレンジを買ってきました。実際のお店にはいよかんやはっさくなどいろいろな柑橘類がならんでいました。そこから、みかん5個とオレンジ1個を選んで1人ずつお金を払いました。似たような食材を見分けることや数字への興味関心を育てるいい機会にもなりました。ご協力いただいたこがねやさん、どうもありがとうございました。

農家さんと会食

給食においしい無農薬野菜を届けてくれる「空土ファーム」の松原さんに来園していただきました。人参と大根の種を見せてくれたり、自分たちが食べる野菜はどういうふうに育つのか、ていねいにお話してくださいました。「この小さな種はみんなと同じいのちだから、みんなもその野菜を大切に食べてください。」と教えてくれました。その後、ぞう組の子どもたちと一緒に給食を食べていただきました。もちろん、松原さんの人参や大根、ほうれん草などが入っていました。普段野菜が苦手な子も、ほうれん草を食べてみる姿が見られとてもうれしくなりました。後日、きりん組とぱんだ組でも会食する予定です。

豆まき会

みんなで節分の由来の話を聞いたり、節分クイズをおこないました。「まめまき」の歌をうたい、「おにのパンツ」ではりす組さんがステージで踊ってくれました。その他、パネルシアターや職員劇を見たりしてたのしみました。また、年男の方々が豆をまいて、みんなの心の中の悪い鬼を追い払ってくれました。最後に、各組ごとに新聞紙で豆を作り、部屋にやってきた悪い鬼にむかって投げて追い出しました。

親子クッキング

きりん組が元気アップ館をお借りして親子クッキングをおこないました。今回のメニューは、豆腐クリームのパングラタンと牛乳ココアプリンです。親子それぞれがパンかプリンかどちらかを作る分担作業でおこないました。パンの班は、豆腐にコーンやほうれん草をまぜたものを、ポケット状にしたパンのくぼみに入れてオーブンで焼きました。プリンの班は、温めた牛乳にココアやゼラチンを混ぜて器に流し入れて冷やし、トッピング用のいちごとバナナを切りました。お母さんだけでなくお父さんもたくさん参加費していただき、親子そろってたのしく調理しておいしくいただくことができました。ご協力いただいた管理栄養士さん、保健師さん、食改さんどうもありがとうございました。

雪あそび

年長児の冬のお楽しみである雪あそび。今年は暖冬で心配されましたが、スキー場にはちゃんと雪があり、天気も晴れて風のないおだやかな日となりました。子どもたちはそりで何回もすべったり、真っ白な雪の上に寝そべったり転がったりして、思う存分雪を楽しむことができました。お手伝いいただいた保護者の皆様ありがとうございました。

1月 お誕生会

てぶくろのパネルシアターを見たり、はたらくくるまやカレンダーマーチをうたったりして、1月生まれのお友だちをお祝いしました。また、ぞう組の子たちが前に出て、ゆきだるまのチャチャチャやこどものせかいをうたって聴かせてくれました。午後のおやつは、あまくてフワフワのフレンチトーストでした。

クリスマスコンサート

毎年この時期の恒例である「ビビド」によるクリスマスコンサートです。今年もクリスマスメドレー、赤鼻のトナカイの手話、音楽パネルシアター「おむすびころりん」、冬の歌メドレーやライオンキングメドレーなど、楽しい演出とステキな音楽をたくさん披露してくださいました。また、年長児とピアニカで「かえるのうた」をコラボしました。一番盛り上がったのは、アナと雪の女王「レット・イット・ゴー」と今年一番のヒット曲「パプリカ」です。子どもたちは一緒に歌ったり踊ったりして楽しみました。

12月 お誕生会

先日の親子お楽しみ会でやった、ぱんだ組「すうじのうた」やきりん組「十二支のはじまり」を、みんなの前でもう1回披露してくれました。午後のおやつは、手作りのココアバナナパンケーキでした。

おもちつき

今はご家庭できねとうすを使っておもちをつくことは少なくなりました。保育園では、もち米をかまどでふかすところから始め、やわらかくなったものを「おふかし」としていただきます。その後、役員さんと子どもたちでおもちをつき上げます。おもちはきなこもちやお雑煮にしておいしくいただきました。お手伝いの役員さん、どうもありがとうございました。

親子お楽しみ会

子どもたちは少しずつ大きくなるにつれて、いろいろなことができるようになってきます。私たち大人はそれが大きな喜びであり、成長を感じるバロメーターでもあります。
しかし、そこばかり見てしまうのではなく、できてもできなくても愛しいわが子がそこにいるということ、ありのままの姿をあたたかく受け入れることが、子どもにとっても大人にとっても大切だなと感じることができたひとときでした。

幼老交流会

年長児が前回に引き続き「もてぎふれあいの家」を訪問し、地域のお年寄りの方々に歌を披露したり、一緒にふれあいあそびをしたりしてきました。折り紙で鶴や奴さんを折ってもらったり、反対に子どもたちがお財布や花を作ってあげたりしました。自分たちで絵を描いて製作した「くず入れ」をプレゼントし、お土産にお菓子をいただいてきました。どうもありがとうございました。

11月お誕生会

この日の給食は、ぱんだ組のリクエストメニューです。いつもと違うランチルームのまるいテーブルでいただきました。ハヤシライスをお子さまランチ風に盛り付け、そのご飯に好きなキャラクターの旗を立てて飾り付けました。みんな喜んでいつもよりたくさん食べました。

幼老交流会

きりん組が「もてぎふれあいの家」を訪れ、お年寄りの方々と交流会をおこないました。歌をうたったりふれあいあそびをしたり、肩たたきをしてあげたりしました。後半は、いっしょにおりがみをして飛行機を作ってあげたり鶴を作ってもらったりしてあそびました。最後に子どもたちが絵を描いて作ったくず入れをプレゼントし、お土産にお菓子をいただいてきました。きりん組を2班に分けて、今回は1班がおこない2班は26日に訪問します。

筑波山登山

秋晴れの天気の中、きりん組親子で筑波山に登ってきました。はるか遠くに富士山が見えるほどすばらしい天気でしたが、その分、たくさんの人が来ていて登山道は大渋滞でした。それでも、子どもたちは一人も弱音を吐かず、みんながんばって自分の足で頂上まで登り切りました。心身ともに大きく成長した年長さんの姿を見ることができました。ご参加いただいた保護者の皆様おつかれさまでした。

人形劇観劇会

毎年恒例、人形劇団「くぐつ」による人形劇の公演です。今年の演目は「なしとりきょうだい」でした。人形の動き、演者の声、さまざまな仕掛け、効果的な音楽、すべてが見る人を魅了します。約1時間弱という長いお話でしたが、小さい子もみんな最後まで集中して見て楽しむことができました。

さつまいもクッキング

食育体験活動の一環として、先日のいもほりで子どもたちが掘ってきたさつまいもを使ってシチュー作りをしました。年長児は玉ねぎの皮をむいて包丁で切ったり、しめじを手でさいたりしました。年少児は人参やさつまいもの型抜き、年中児は型抜きと野菜を炒めて煮込む作業を手伝いました。玉ねぎが目にしみたり、さつまいもが硬かったりと、年齢ごとの作業の中にもたいへんなところもありましたが、役員さんにもお手伝いいただきながら最後まで取り組むことができました。自分たちで作ったシチューは格別のおいしさで、子どもたちはおかわりして食べていました。ご協力いただいた役員の皆様ありがとうございました。

りんご狩り

うさぎ・ぱんだ・ぞう・きりん組の子どもたちがりんご狩りに行ってきました。たくさん実った赤くて大きなりんごを自分で選んで、1人2つずつマイバッグに入れていきました。また、その場でもぎたてのりんごをむいていただきました。あまりのおいしさにおかわりして何個も食べる子もいました。午後のおやつは、お土産として持ち帰ったものを使った「りんごのパンケーキ」でした。永嶋りんご園様、どうもありがとうございました。

保育参観

運動会という大きな行事を終えて、ひとまわり大きく成長した子どもたち。そんな姿を園生活やお友だちとの関りをとおして見ていただきました。運動会でやったダンスを元気いっぱい親子でおどったり、組ごとに分かれて親子で制作に取り組んだりしました。その後、親学習プログラムとしてスマイルネットの方々にご指導いただきながら、各家庭での子どもとの接し方について話し合いました。最後に保育園の手作り給食を子どもたちと一緒に召し上がっていただきました。今日のメニューは、先日のいもほりで収穫したものを使ったさつまいもごはんでした。保護者の皆様、お忙しいところご参加いただきありがとうございました。

総合避難訓練

毎月1回避難訓練をおこなっていますが、今回は消防署立会いの下で初期消火、通報、避難、及び消火実技までの訓練をおこないました。
これまでの訓練の成果もあって、子どもたちは静かに素早く避難することができ、消防署の方からほめていただきました。

いもほり

6月に年長児が苗植えをしたさつまいもが生長し、秋晴れの空の下、幼児組がいもほりをしてきました。一人ひとりシャベルを手に土の中の大きなおいもを見つけては歓声を上げていました。ふたつみっつ繋がったもの、自分の顔くらいあるもの、雪だるまみたいな形のもの・・・。たくさんたくさんほって大満足の子どもたちでした。
畑の管理をしてくださいました羽石様、子どもたちのお手伝いをしてくださった農業委員会の皆様、どうもありがとうございました。

親子運動会

10月とは思えない暑さの中、子どもたちは一生懸命に走ったり、上手なおゆうぎを見せてくれました。親子でおこなう競技ではおうちの人と一緒にジャンプしたり平均台を渡ったり、おんぶやだっこをしてもらってうれしそうな笑顔がたくさん見られました。
お手伝いいただいたり参加してくださった保護者の皆様、おかげさまですばらしい運動会となりました。どうもありがとうございました。

お問い合わせはこちら