HOME > フォトアルバム

報恩講参拝

子どもたちがクラスごとに本堂に集まって、『ひよこがほしいもの』という絵本を読みました。立派になりたいひよこは、カメの硬い甲羅やゾウの長い鼻、クジャクのきれいな羽、チーターの早い足などを身につけていきます。大きく変貌し意気揚々とするひよこに、お母さんニワトリは「一生懸命がんばっているあなたはじゅうぶん立派、だから今のままでいいのよ。お母さんはそのままのあなたが大好きよ」と言います。その言葉を聞いてホッと安心したひよこは元の姿に戻るというお話です。
ちょうど今、お楽しみ会の練習をがんばっている子どもたち、たとえ上手に出来なくても、お父さんお母さんはそのままのみんなが大好きです。そしてそれは先生たちも同じです。とお話しました。

親子遠足

コロナの影響により11月に延期し、行先も地元のツインリンクもてぎに変更して実施しました。秋晴れの天気の下でのりものに乗ったり巨大迷路に挑戦したり、森の中を散策したりと親子で楽しく過ごすことができました。保護者の皆様には、多数ご参加いただきありがとうございました。

人形劇

人形劇団「くぐつ」による「しろへびやまのねがいいわ」を観ました。人形のコミカルな動きや一人で何役もこなす声の使い分け、話の流れにあった効果的な音楽など、長い話でも時間を感じさせないくらい、みんな集中して劇に引き込まれていました。

園外保育(並松公園)

ぱんだ組とぞう組が並松公園へ行きました。先日の交通安全教室で教えていただいたことを思い出しながら、みんな上手に歩くことができました。着いたらおやつを食べてひと息つき、それから遊具で思いきり遊びました。最後はお楽しみのお弁当を食べて保育園に帰ってきました。

筑波山登山

年長児恒例の秋の行事です。お家時間が多い今だからこそ、感染症対策をとりながら自然の中に飛び出して、親子で登りきる達成感を味わっていただきました。さすがは年長さん、自分のリュックは自分で背負い、みんながんばって頂上まで登りました。下りはロープウェイに乗り、その高さや景色、ゴンドラの揺れに大興奮でした。保護者の皆様、おかげさまで全員無事に参加することができました。ご協力ありがとうございました。

ぱんだ組 交通安全教室

茂木町交通指導員さん、茂木警察署のおまわりさんご指導の下、雨の日の安全な傘のさし方や、模擬横断歩道での横断練習などをおこないました。まだ十分にできないところもありましたが、少しずつ身につくようにしていきたいと思います。

自由参観

感染症対策として密集を防ぐため、内容を短縮し、場所や時間をずらしておこないました。昨年までは、参観の後に手作りの給食を子どもたちと一緒に食べていただいたのですが、今年はそれができず参観のみとなりました。それでも、たくさんの保護者の方がきてくださり、子どもたちの普段の園での様子をいただきました。平日のお忙しいところどうもありがとうございました。

10月 誕生会

各組ごとに分かれて誕生会をおこないました。歌をうたったり、パネルシアターやエプロンシアターを見たりして誕生児をお祝いしました。給食は手作りのミートボール、午後のおやつは先日のいもほりのさつまいもを使ったスイートポテトでした。

ぞう組 交通安全教室

きりん組に引き続いてぞう組が交通安全教室をおこないました。
交通安全3つのお約束を確認してから、実際に横断歩道を渡る練習をしました。
その後、1人ずつキックバイクに乗って自転車の練習をしました。みんな楽しみながら取り組むことができました。

きりん組 交通安全教室

茂木町交通指導員さんと茂木警察署の方に来ていただき、きりん組が交通安全教室をおこないました。園庭で道路を歩くときや横断歩道を渡るときの注意点を確認してから、茂木消防署まで歩いていきました。消防署では救急車の中に入っていろいろな機材を見せてもらったり、消防車の運転席に座らせてもらったりしました。
来週はぞう組、再来週はぱんだ組がおこなう予定です。

りんご狩り

ぱんだ・ぞう・きりん組の子どもたちが永嶋りんご園さんに行ってきました。たくさん実ったりんごを前に「どれにしようかな~」と、なかなか決められない子もいました。その場でもぎたてをむいてあげると、みんな何回もおかわりして食べていました。

いもほり

年長児が6月に植えたさつまいもの苗が大きくなりました。秋晴れの空の下で、「みてみて!これ、おっきいー」と歓声を上げながら、子どもたちは小さな手でたくさん掘ってきました。畑を管理してくださった羽石さん、苗植えといもほりを手伝ってくれた農業委員会の皆さん、どうもありがとうございました。
今週はいもほり、来週はりんご狩りがあります。実りの秋を思いきり体験したいと思います。

親子運動会

新型コロナウイルス感染予防のため、規模を縮小しての開催となりましたが、子どもたちのがんばりと保護者の皆様のご協力のおかげで、すばらしい形でおこなうことができました。どうもありがとうございました。
「コロナはうつってはいけないけれど、子どもたちの笑顔がみんなにうつった楽しい運動会でした。」(保護者会副会長様 談)
保護者専用ページもご覧ください。

フェイスシールドをいただきました

竹原かぐや姫老人会の竹原様と金田様が来園し、フェイスシールド50個を寄贈してくださいました。社会貢献活動の一環として、老人会の方々が、全て手作業でかわいいシールもつけて作ってくれました。どうもありがとうございました。

運動会総練習

今週土曜日の運動会に向けて総練習をしました。普段はせまい園庭での練習ですが、今日は本番と同じ広いグラウンドで、思いきり走ったり踊ったりすることができました。
日に日に上手になっている子どもたち。当日のかっこよくてかわいい姿を楽しみにしていてください。

ボールあそび

試合を始める前のウォ―ミングアップとして、毎回いろいろな運動をしています。今日はリズミカルに周りの友だちとタイミングをあわせながらジャンプする運動や、耳でコーチのかけ声をよく聞いて理解し素早く動くゲームなどをしました。
ただ楽しくサッカーをするだけでなく、全身を使った運動を取り入れて、体を動かすことの楽しさを味わってもらいたいものです。

9月誕生会

組ごとに分かれて、誕生児にインタビューしたり、手品やパネルシアターを見たり、クイズをしたりして楽しくお祝いしました。
給食は、チャーハンやワンタンスープ、フライドポテトなどでした。

英語であそぼう

季節やお天気を英語で言ったり、いろいろな虫の名前の英語を教えていただきました。その後、年中児は数種類の虫のカードの中からゴキブリが出てきたら、あちこちのゴキブリカードを叩いて退治するゲームをしました。年長児は、いろいろな虫のぬりえの中から英語で言われた虫と色を探してクレヨンでぬるゲームをしました。

夕涼み会

コロナの影響で延期となり待ちに待った夕涼み会。組ごとに子どもたちが意見を出し合って制作したおみこしを担いで始まりました。その後、おもちゃ屋とくじ引き、的当てゲーム、ヨーヨーつりと人形すくいと、3つの部屋に分散し、子どもたちは組ごとに回って楽しました。自分の袋いっぱいにおもちゃやお菓子をもらって大満足の様子でした。
最後は「しまじろう音頭」と「ゆずも音頭」を踊りました。残暑厳しい中でしたが、みんな元気に踊ることができました。
給食は、焼きそばやミニフランクフルトの他、塩・チーズ・のりの3つの味から選べるポテトを自分でシャカシャカしてから食べました。また、午後のおやつはチョコバナナクレープでした。
例年とは違う形での開催となりましたが、保護者会役員さんにお手伝いいただきながら、いつもとはまた違った楽しさのある夕涼み会となりました。ご協力ありがとうございました。
保護者専用ページにも写真を掲載しておりますのでご覧ください。

お泊まり保育①

夕食作りのお手伝いとして野菜の皮むきや型抜きから始まり、ランタン製作、花火、映画鑑賞などをして、みんな元気にお泊まりすることができました。

お泊まり保育②

このコロナ禍の中でも園としてできる限りのことをして、子どもたちの思い出に残る楽しいおとまり保育をおこなうことができました。

空気清浄機を設置しました

新型コロナウィルス対策の一環として、新たに空気清浄機5台を設置しました。これにより、全保育室に空気清浄機が完備いたしました。
まだまだ収束の見えない状況ではありますが、これからも感染予防に努めていきたいと思います。

ぽけっとの日

今月も、紙芝居、童謡、昔話、クイズ、夏まつりなど、いろいろなジャンルのお話を読み聞かせてくれました。少し長いお話もありましたが、子どもたちは集中力を切らさずにじっと聞いていました。

お誕生会

今月も組ごとに分かれてお誕生会をおこないました。それぞれにパネルシアターや手品などを見て楽しみました。給食は、夏野菜のキーマカレー、午後のおやつは手作りロールケーキパフェでした。

七夕まつり

組ごとにそれぞれの七夕まつりをしました。笹竹に飾った短冊に書かれた一人ひとりの願い事を発表したり、七夕の絵本や紙芝居を読んだりしました。また、七夕に関するクイズや手品などで楽しみました。給食は星型のオクラや人参が入った七夕そうめんでした。

じゃがいもほり

食育体験活動の一環として、3月にきりん組の子どもたちが植えた種いもが大きく育ちました。いつも給食に無農薬野菜を届けてくれる松原さんに指導していただきながら、ぞう組ときりん組がじゃがいもほりをしました。今回はじゃがいもを傷つけないため、シャベルではなく自分の手で掘り起こしました。大きいものから小さいものまでたくさん収穫することができました。不安定な天気が続く中、暑くもなく大した雨も降らず、楽しくじゃがいもほりをすることができました。

ぽけっとの日

4月、5月とお休みになっていた読み聞かせぽけっとの日が今月から始まりました。密集を避けるため組ごとに分かれて各保育室でおこないました。ボランティアの方々は、それぞれの年齢に合わせた内容のものを選んでくれました。初めて見る絵本や大型紙芝居、とびだすしかけ絵本など、いろいろな読み聞かせを楽しむことができました。

ボールあそび

今年度初めてのボールあそび、年長さんはとても楽しみにしていました。小林コーチ指導の下、ボールを頭にのせたり手でついたり、いろいろなあそびをしながら体をほぐしました。最後には3チームに分かれて試合形式をおこない、一所懸命ボールを追いかけて走り回りました。

英語であそぼう

コロナの影響により中止となっていた英語であそぼうが再開しました。ぞう組さんにとっては初めての英語でしたが、楽しいゲームを交えながら、丸や三角などいろいろな形の英語を学ぶことができました。

花まつり

お釈迦様の誕生をお祝いする花まつりをしました。はじめに「つながるいのち」というDVDを観ました。みんなのいのちは、おとうさんおかあさん、おじいちゃんおばあちゃん、ひいおじいちゃんひいおばあちゃんと、ずっと昔からつながってきているんだよ。そのいのちが生まれたことに「おめでとう」「ありがとう」というのが花まつりですとお話しました。そして最後に甘茶をいただいて飲みました。
今回はコロナ対策として
①きりん・ぞう・ぱんだの組ごとにおこなう
②本堂に入る前にアルコール消毒をする
③戸を全部開けて換気をよくする
④一人ひとりの間隔を空けて座る
⑤数珠は共有せず一人ひとつとする
⑥ひしゃくの共有をさけるため甘茶はかけない
などをおこないました。

さつまいも苗植え

きりん組が秋のいもほりにむけて苗を植えてきました。毎年畑を管理していただいている羽石さんご指導の下、農業委員会の方々と一緒に350本の苗を植えました。とても暑い中での作業でしたが、さすがは年長さん、みんながんばってやりとげることができました。

ぞう組 そら豆のさやむき

きりん組に続いてぞう組でもそら豆のさやむきをしました。さやの中の白いフワフワを見て「この中に入りたーい」と言ってみたり、フワフワにさわって「あったかーい」と言う子もいました。それぞれにいろいろな気づきがあり、楽しく取り組むことができました。

きりん組 そら豆のさやむき

当園の春の食育活動としておなじみとなりました「そら豆のさやむき」をおこないました。さすが年長さんは3回目とあってお手のものです。慣れた手つきでむいてあっという間に終わってしまいました。給食では「ゆでそら豆のバナナあえ」としていただきました。
今後、ぞう組ぱんだ組でもおこなっていきます。

入園進級式

4月から入園するお友だちとそれぞれ大きくなって進級する在園児をみんなでお祝いしました。新しい環境に少し緊張気味の子、うれしくて自信に満ちあふれている子などいろいろですが、一人ひとりの思いに寄り添いながら、楽しい保育園生活をすすめていきたいと思います。何かと自粛ムードの世の中ですが、そんな雰囲気を子どもたちの笑顔で吹き飛ばしていきたいです。
保護者の皆様、今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせはこちら