HOME > 手作り給食について

「安全でおいしいものをバランスよく楽しく」

子どもたちは保育園で一日の生活の大半を過ごします。ですから、保育園の食事が子どもたちに与える影響はとても大きなものです。
食べることは人間が生きることの根源であり、乳幼児期から発達段階に応じて豊かな食の体験を積み重ねていくことにより、一生涯にわたって健康で質の高い生活を送る基本となる「食を営む力」を培います。
そこで、茂木保育園では子どもたちに「安全でおいしいものをバランスよく楽しく」食べてもらうため、以下のことに取り組んでいます。

・手作り中心の献立とし、冷凍食品やレトルト食品は使いません。

・だしは、かつお節、昆布、煮干し等からとります。

・離乳食は無添加を基本とします。

・地元の有機栽培農家と提携し、無農薬野菜を使用します。

・素材本来の味をそこなわないよう薄味にします。

・アレルギーのある子には個別のメニューで対応します。

・さまざまな食育活動により、食への興味関心を育みます。

・おやつは蒸しパンなど手作りのものや無添加のお菓子を提供します。

・ヨーグルト菌とヨーグルトメーカーを使い、園特製のヨーグルトを作っています。

・行事食によって伝統行事の意味を伝えたり、園の行事を盛りたてて楽しく食事をします。

また、「食べる」ということは「ほかの生きもののいのちをいただくこと」です。
いのちの大切さや生かされて生きる感謝の気持ちを伝えていきます。

給食の一例です

三色ごはん、天然だしのみそ汁、カジキの竜田揚げ、ちくわのサラダ、いちご
カツカレー、マカロニツナサラダ、チーズ、いちご
子どもたちのリクエストメニュー 「ハヤシライス」と「ハムカツ」

お問い合わせはこちら